【歴知隊~vol.42~(愛知後編)】

皆様、こんにちは!

 

今年は、【THE 梅雨】って思うくらい、全国的に雨が多いですね。

お蔭様で、弊社の【Cocon アンブレラポーチ】は絶好調です

 

商品が気になる方はこちらをクリック!

(一部完売しているアイテムがございますので、各営業担当へお問合せください)

↓ ↓ ↓

https://www.maruenissan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2014/06/1ca2e83017737be90995b9aeb948f9b7.pdf

 

 

 

 

 

今回でやっと愛知編が終了します。

 

あっ、その前に前回のW君のブログで

「お主は何者じゃ!!」とか何とか言っていました銅像の「竹千代君像」

 

 

↓↓↓

 

 

IMG_2670

 

これは、若き日の「家康公」でございます。(W君以外は知ってるか・・・)

元々、静岡で生まれ育った家康公。当然ゆかりの地でございますので、浜松以外でも

所々に銅像がございまする。

きっとアイツ「たけちよくん」と思ってるんだろうな~

 

 

 

 

 

 

ということで、改めて愛知後編へ!

当初、この愛知ツアーで名古屋城の後、最終目的地はワイフが希望していた

【トヨタ産業技術記念館】でした。

が、しかし、どうしても気が進まない・・・ そこで交渉した結果

 

 

 

 

 

 

国宝の犬山城に~~~!

(ホンマわがままで すんません)

 

 

 

 

犬山駅から15分?ほど歩いていくと、早速いい感じの町並みが

 

 

 

0001

 

 

迷いながら進んでいったため、メイン通りではないようですが

 

0002-00

 

0003

 

 

おそらく、すでに城下町ではあると思うのですが、すでに興奮状態

 

 

 

 

 

 

 

しばらく歩いていくと、メイン通りらしき道へ

 

0004

 

 

 

0005

 

 

 

 

 

 

 

本町通りから、お城へ向かう途中にも、歴史を感じさせる建物が次々と

 

 

 

0006-00

 

 

 

 

 

 

 

【犬山藩校(敬道館跡)】

 

0008

 

 

 

 

 

 

 

 

【犬山城三之丸 武術稽古場跡】

 

0009

 

 

 

 

 

 

 

0007

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、犬山城へ!!!

 

 

 

0010

 

 

 

 

 

 

天守閣へ向かう途中にも

 

 

 

0011

 

 

 

 

 

 

 

 

0012

 

 

 

 

 

 

0013

 

 

 

 

 

 

0014

 

 

 

 

 

 

 

0015

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃじゃ~~ん

 

0016

 

 

ここ犬山城は、豊臣秀吉が生まれた1537年、織田信長の叔父である織田信康によって

創建された、現存する日本最古の木造天守閣です。

あっ、写真に載ってる皆様、随分と厚着されていますよね~

(1月に行ったので当然か)

ネタがありすぎて、タイムリーに掲載できない・・・

順番に掲載しておりますため、悪しからず

 

 

 

 

 

 

お~ いきなり急な階段

ちなみに階段を急にしている理由は、攻めあがってきた敵を落としやすくしてるんですよー

自分たちも大変だろうに・・・

 

 

0017

 

 

 

 

 

 

 

0018-00

 

 

写真下中央部は、オバケじゃないですよ。

階段を上がってきた 女性の方かと思われます。 たぶん

 

 

 

 

 

0019

 

 

どれどれ

 

 

0020

 

たしかに、こんなとこから落とされたら、いったいの~~

 

 

 

 

 

 

 

 

【上段の間】

0021

 

ここは殿様が使用した部屋で、この城の最上の室となっています。

奥の扉の先は武者隠しの間があり、万一に備えて殿様を守る武士が待機している部屋

となっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして天守閣から眺める風景

 

 

 

0022

 

 

 

 

 

0023

 

 

 

 

 

0024

 

 

 

 

 

0025

 

木曽川に面した丘ですが、そこには鵜沼城跡があり、戦国期に秀吉も攻めた

ことがあるそうな。

 

 

 

 

 

 

 

0026

 

登りもたしかにキツイのですが、降りる方が怖い・・・

 

 

 

 

 

 

 

0027

 

この石も約500年前のものなのだろうか??

 

 

 

 

 

 

 

 

お城を出て、左側にある(半年前なので記憶があいまい・・・)

【大杉様】

 

0028

 

 

樹齢約650年。犬山城築城頃からの老木で、天守閣と同じ位の高さがあり、落雷には城の

身代わりに、台風の時は風よけにもなったりし、城を守る御神木として崇められてきました。

1965年頃に枯れてしまったそうです

長い間、ご苦労様でした。

 

 

 

以上、犬山城でした~

やっぱり、名古屋城や大阪城よりも小さいけど、現存するお城を見るほうが数倍面白い!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ~

 

 

 

私事で大変恐縮ではございますが、先月の24日に結婚20周年を迎えました~~~

何度も愛想を尽かされながらも、辛うじてここまできました・・・

この先もどうなるかは?? でございますが

 

 

 

ということで、普段は絶対に行かない(というより初めて)、レストランにチャレンジ!

 

 

 

 

 

 

まずは、そのレストランの近くにある「増上寺」へ

 

 

0029

 

こちらは以前、歴知隊に掲載していますので、割愛させていただきますm(__)m

 

 

 

 

 

 

増上寺に隣接している芝公園より目的地へ。

 

 

 

公園を挟んで、右に東京タワー、左にレストランのあるビル。

一枚で撮りきれなかったので合成で繋ぎ合わせました。

 

0030-00

 

 

 

0031-00

 

 

 

 

 

 

 

ビルに入って、最上階へと向かいます。(33階だったかな??)

0032-00

 

下から撮った写真と、上から撮った写真。こわ~~~

 

 

 

 

 

 

 

レストランに入り、まずはシャンパーニュでお祝い。

(ってwebのhow to~~に書いてあったので、いわれるがままに)

 

0033

 

 

 

 

 

お料理は

 

0034-00

 

 

 

 

 

メインディッシュ!!!

 

0035

 

おいしゅうございました

 

 

 

 

 

 

夜になると

 

0036

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は東京タワーが見えず、入店してすぐ確認しました。

何でも東京タワーは同じフロアにある、バーラウンジからしか見えないとのこと。

残念がっている 私たちを見ていたこともあり、なんと支配人らしき方が、

「今なら、見える席が開いているらしいので、写真を撮りますか?」と

 

 

そして撮影した写真がこれだ。 1・2・3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0037

 

ビューティフォー!!!

感謝感謝でございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、芝公園から自撮。

 

0040

 

 

 

 

以上、vol.42でした~